09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月


2009.08.23 (Sun)

ミュージカル“ウェストサイドストーリー” そして 西宮ガーデンズでお食事

15日と言えばまさにお盆。
今年はお盆らしいことは何もせず、息子と行って来たのが
阪急西宮北口を降りてすぐの兵庫県立芸術文化センター。
そこで楽しみにしていたミュージカル『ウェストサイドストーリー』を観て来ました。
阪急西宮北口駅や駅周辺が新しくなってから、初めて来ました。

西宮北口1

西宮北口12

駅からすぐでとても便利なところです。劇場に行くまでにもイワンソープが泳ぎに来た
コナミスポーツがあるし、そのピッカピカさに二人で目を丸くしてしまいました。

西宮北口3

西宮北口4

西宮北口5

西宮北口6

劇場も素晴らしくて、音響も素晴らしい。ここでクラシックやオペラなんかもいいだろなぁ。

ブロードウェイ級のミュージカル『ウェストサイドストーリー』は・・・
ひと口に言えば、外人はやっぱかっこいい!
スタイルが良くて、踊りの基本ができている。勿論、声楽の基本も。
ただ、あまりに軽々しくやるもんだから、手を抜いてるのかしら?と思うぐらい・・・
その点、日本のミュージカルはいっぱいいっぱい、
頑張ってやってる~という感じで痛々しくも感じる。
音楽もやっぱり生は良い。劇場も良いせいか音が澄んでいて。
息子と二人、堪能してまいりました

そして・・・その後、二番目の目的の西宮ガーデンズへ。
元、阪急ブレーブスの球場、西宮球場がで~っかい
ショッピングセンターに変わったのです。

駅から動く歩道でこれまた直結。
今は屋根が無いけど、いずれはつけるみたいですね。
阪急百貨店、イズミヤ、ロフトやユニクロやジョーシンや、
沢山の専門店が入っていて、メチャメチャ広いんです。
ここで、お買い物をして・・・(すべて息子の物を買わされて(泣)
足が棒の様になり、お腹もペコペコ。
どの飲食店も並ばなければ入れない状態だけど休憩がてら並んで入ったのがイタリアンの

Coltibuono(トラットリア コルティブォーノ)

Coltibuono1

お店の中から屋上ガーデンが見えます。噴水の中で子供たちが遊んでます。
綺麗だなぁ~。
Coltibuono2

お料理はパスタコース(以下写真のみ)
Coltibuono3

Coltibuono4

Coltibuono5

Coltibuono6

お味は・・・うん、値段相応?まぁまぁこんなもんでしょうってとこかな?
ワインすごく飲みたかったんだけど、「息子に家帰ってから飲み!」って
言われて素直に従いました(笑)
荷物もたくさんあったし、駅から自転車でそれらを無事に持って帰らんとあかんかったしね!

家に帰ってから・・・ワイン、飲んでませんよ。
疲れて、あっという間に寝てしまいましたから・・・
そんな、お盆の1日でした。
それにしても、阪急西宮北口、すごい!
この駅前のマンションに住みたいかも。  ムリだけど・・・

ブログランキングに参加しています。
ポチッっとクリックが元気の源。宜しくお願いします~

             
 人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

00:30  |  お出かけ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

あれ!?

ダイエットですか??って(笑)

>「息子に家帰ってから飲み!」

(o_ _)ノ彡☆ギャハハ!! バンバン!
私も良く言われます(笑)

私、ミュージカルって見に行ったことないかも~

おにぃやんが小さい時に家族で
「ディズニーワールド・オン・アイス」しかないです・・・
って、あれもミュージカルなのかな??
COCO |  2009.08.23(日) 22:59 | URL |  【編集】

COCOさんへ

あ~、ダイエット記事は次のログでした(汗
でも、きっと続けるのは無理です・・・

息子に色々言われると、トホホ~です。
ミュージカル、親子で大好きなんです。
あと、何回付き合ってくれるかなぁ~?
ミズリン |  2009.08.23(日) 23:23 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://vinmizurin.blog59.fc2.com/tb.php/160-1389c209

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |