07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月


2009.11.08 (Sun)

韓国旅行 3日目(最終編) @初めてのソウル

いよいよ3日目。最後の日です。
この日は午前中はフリー。
朝ごはんも自力で食べなければなりません。

そこで是非とも食べたかった【朝粥】を食べに行く事にしました。
ホテルで近くにそんなお店が有るか聞いて、地図を片手に出かけます。
ホテルの周囲は夜は大分寂しく恐いのですが、明るい時は大丈夫です。
歩いて10分ほどでこのお店に辿り着きました。

『伝統健康粥伝門店 ドンジュッ』 と、日本語でも書いてあります。
朝粥の店1

朝からやはりキムチも、もりもり食べます。
朝粥(付け合せ)

私は【あさりのお粥】
朝粥(あさり)

友人は【松の実のお粥】
朝粥(松の実)

途中で交換してお味見です。
アサリは海の味がしっかりして美味しい~~♪
松の実はまるでミルク粥のようにまったりとしていて、これまた美味しい~~♪
おばちゃんが盛んにシーフードを勧めるんだけど
少し高かったので断ると機嫌が悪そうだったなぁ~。
ほんとはアワビのお粥が食べたかったんだけど、一番高くてよう食べへんかったのよね。
でも、韓国に来て初めて美味しい~~と思えたのです。
今度来る時は億万長者になってアワビのお粥を食べます!

朝粥の店2

さて、朝粥に充分満足して次に向かったのが、やはりホテルの近くの『中部市場』
問屋街のような所をテクテク歩くと、陽気なおじさんが私達が持ってる地図を見ながら
「チュンブンシジャン!チュンブンシジャン!(私にはそう聞こえた)」と言います。
どうやらそれが『中部市場』のようです。
ここは海鮮干物とか、そういうのが売りみたいでまだ観光客にはあまり知られてなさそうです。

中部市場1 中部市場2 中部市場3

中部市場4 中部市場5 中部市場6

中部市場7 中部市場8 中部市場9

中部市場10 中部市場11 中部市場12

中部市場13

とってもディープな感じの市場です。
観光客は少ないのですが、観光客で来てる人はなんだかとっても慣れている感じで
バンバンお店の人に値切っています。(日本語話せる人は少ないです)

それにしても安い!
南大門で買った海苔が20000ウォンが6000ウォン、4000ウォンのふりかけが1500ウォン。
はぁ~最初からこちらに来たかった!
(でもガイドさんに聞いても教えてくれなかったのです。なんで?)
かなりテンションが上がり、海苔や出来立てのごま油やドライフルーツを一応値切って購入。

よかったぁ~。ここに来て。
そんなこんなであっという間に唯一のフリータイムの午前中は終わり
帰り道に『海苔巻きの店』があったので安かったので(確か日本円で150円位)
購入し、空港で食べました。

海苔巻き1

海苔巻き2

日本の海苔巻きと似ていますが、余り酢がきつくなく、
巻いてある海苔はごま油のついた韓国海苔です。
帰りの飛行機では機内食も出ると言うのに、待ち時間中に食べちゃいました(笑)
美味しい~~♪

いよいよ、韓国ともお別れです。やはり金浦空港から出発します。
そして勿論帰りの飛行機でも機内食は出ます。
これがこの韓国旅行の最後のお食事です。
帰り機内食1

そして、これが最後のワインだったのです!
帰り機内食2

今回、初めて韓国に行き、パック旅行としては可も有り不可も有り(不可が少し多目)。
でも、ガイドさんも同じ年代の美人で興味のあることが共通していて良かったし
良いも悪いも学んだ気がするので次は是非ともオールフリープランで
(時々オプションを入れて)また、リベンジしたいと思います。

また、一緒に旅行した友人とは数十年の旧知の友であるけど二人だけで旅したのは
初めてだったので、本当にこの旅行を企画して良かったと思います。
できたら、1年に1回くらいは旅したいなぁ~。(かなり控え目に・・・?)

長々となりましたが、韓国旅行編はこれで お・し・ま・い(完)

 人気ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

01:45  |  旅行  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://vinmizurin.blog59.fc2.com/tb.php/213-2f6db166

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |