07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月


2010.05.06 (Thu)

火曜日はとってもお得! “炭焼きフレンチ アンタルヤ高鍋” @大阪 吹田

火曜日にとってもお得なレディスコースがあるよ~とお誘いを頂き行って来ました♪

炭焼きフレンチ アンタルヤ高鍋(たかなべ)

アンタルヤ高鍋1

アンタルヤ高鍋2

JR吹田駅からとことこっと歩いて2分。
レディにお得な日とあって既にレディがたくさんいらっしゃいます。
でも、女性にお得だからと言って男性が来たら駄目だということでは無いですよ(笑)
もちろん男性連れの方もいらっしゃいます。
アンタルヤ高鍋3

まずはシャンパーニュでかんぱ~い!
アンタルヤ高鍋4

【ディエボル・ヴァロワ プレステージ ブリュ】
そこで私達は姉さん(私より年下ですがぁ~)が持ち込んでくれたシャンパーニュです。
ラベルがとっても可愛いんです。スッキリ爽やか~~
アンタルヤ高鍋10

【人参のパンナコッタ】
フレンチは最初に出てくる前菜でそのお店のシェフの感覚が解る様な気がします。
このお店には初めて来ましたが、このパンナコッタでここのシェフはお茶目で
ハイセンスなんじゃないかなぁって思いました。
アンタルヤ高鍋5

【ホタルイカとアサリのパスタ】
海の幸が盛りだくさん!まったりとしたソースとよく合います♪
アンタルヤ高鍋7

【バケット】
フレンチではやっぱり美味しいパンを出してくれるのが絶対条件ですよね?
しかもホカホカで上等なオリーブオイルを出してくれるお店に感謝!
アンタルヤ高鍋8

さて、メインです。2種類のメインから選びます。
ひとつは
【風山地鶏のガランテリーヌ・ビトクステーキ】
お野菜たっぷりの濃厚なソースです。スパニッシュ風オムレツが添えられてました。
アンタルヤ高鍋9

もう1つは
【茶美豚肩ロースのソテイ】
さすがこの豚の甘みは最高ですね。クリームっぽいソースとまた良く合います。
アンタルヤ高鍋12

【ロマネ・サン・ヴィヴァン 2002 フォラン・アルベレ】
えっ?これを飲んだ?
いえいえ!これは見せていただいただけです(笑)
あの『神の雫』で
「果実味とスケール感と華やかな薔薇の香りと硬質なミネラルが包み込む
あのフォラン・アルベレはロマネ・サン・ヴィヴァンのなかでも別格よ」と
絶賛されている貴重なワインです。こんなワインも置いてあるので記念にカシャッ
アンタルヤ高鍋11

赤ワインをいただきます。
このコースの時は必ずワンドリンクは頼んでくださいねぇ。
アンタルヤ高鍋13

【Domaine Les Aphillanthes 2004(ドメーヌ・レ・アフィラント)】
ローヌ地方のAOCワインです。
ロバートパーカーが高得点をマークしているワインです。
馬のデザインのエチケットがおしゃれです。
アンタルヤ高鍋14

女性にとっては特に楽しみの最後のデザートです。
3種類のソフトアイス、美味しい~
アンタルヤ高鍋15アンタルヤ高鍋16アンタルヤ高鍋17

そして常連さんの強み?もうひとつデザート?
これも美味しい~~
アンタルヤ高鍋18

こんな素敵な個室風の席もあります。
アンタルヤ高鍋19

最後まで堪能させていただきました。
本当にお得な火曜日でした。
アンタルヤ高鍋20

マスターそっくりのお人形さん↓
アンタルヤ高鍋21

ブログランキングに参加しています。
ポチッっとクリックが元気の源。宜しくお願いします~

             
 人気ブログランキング 食べログ グルメブログランキング



スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

00:15  |  外呑み&ご飯  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
履歴書の送付状 |  2014.04.30(水) 13:52 | URL |  【編集】

履歴書の送付状さんへ

すみません。
こちらのお店、シェフが一時期ご病気されて今は変わっているんです。
その後がどうなっているのか伺っていないので解りません。申し訳ありません m(__)m
ミズリン |  2014.05.01(木) 12:25 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://vinmizurin.blog59.fc2.com/tb.php/323-71c4be1d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |