07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月


2010.07.25 (Sun)

一大決心の豪華ナイト(前編)  “カハラ” @大阪 北新地

この日はギャルズ3人で北新地へGO!(誰ですか?○女じゃないの?って言ってるのは

この方のセッティングで、私のような一般人では
なかなか予約なんか取れそうにないこのお店に行ってきました。

カハラ

カハラ1

もう既に、この方この方がとっくの昔にblogされているので、そちらへどうぞ!
・・・なんて書くと、一応記録というコンセプトで書いているこのblogの意味がなくなっちゃうので
頑張って書きます~~

とうとうやって来ました。憧れのお店カハラ。
カウンター8席ほどの小さなお店なのに北新地で長く続くお店。
コースは22,000円のみの2部制。他のお客さんも含め一斉にスタートします(遅刻厳禁

まずは食前酒から始まります。
【柏原の生ワイン】
果実実いっぱいですがすがしい透明感。まるで葡萄のエキスを頂いているようです。
カハラ2

あぁ~それにしてもお店のインテリアや前に置いてある食器類も素晴らしい!
最初から長年の重みと高級感に圧倒されます。

そして【シャンパン】
リーデルのフルートグラスに上等なシャンパンなので、もちろん素晴らしい泡が上がります。
カハラ4

さぁ、いよいよお食事。ワクワク♪
カハラ5

【赤ピーマンのソースのジュンサイ(三田産)】
カハラ6

喉越しが良くて、赤ピーマンのソースと共につるりん!
カハラ7

【ブランジェリ・タケウチのオーダーパン】
カハラ8

【前菜】
すでに舞い上がってしまって全体の写真を撮り忘れてたみたい ^_^;
カハラ11カハラ12カハラ13
カハラ14カハラ15カハラ17

左より【空豆 カチョカバロ乗せ】【鱧&あけがらし】【イベリコベジョータと西瓜】
【稚鮎の天麩羅】【アンチョビ&トマトソース】【干しナマコ】

どれも素材にこだわりがあります。
カチョカバロは吉田牧場産。稚鮎は琵琶湖産。アンチョビはスペインカンタブリア産。
トマトは熊本の籐三七(ふじみな)。山形のあけがらし.....

これ↓は稚鮎に添えられたタイム塩。美しいです
カハラ10

継ぎ目のない鎖状のポテト。写真が・・・

カウンターなのでカハラのオーナーシェフ自ら色々説明してくださります。
もっと、肩肘が張るお店なのかと緊張してましたがお話が出来るのでとても楽しいです。

大きなカチョカバロを手に見せてくれました。
カハラ9

先ほどは削って出されてありましたが、今度は鉄板で焼いてこんな風に↓
カハラ16

海苔とカチョカバロという発想って!

そして次はシェフの手作りの器が出てきます。
カハラ20

この古代米を使って...
カハラ21

【フカヒレの丼仕立て】
フカヒレはフカヒレスープにだけに使うのではないのですね!
美味しくて美容にもいい物、ギャルズには必須です(笑)
カハラ22

お水もバカラのグラスで...
カハラ18

もう、ここまでで感動の嵐。

つづきは後編へ

ブログランキングに参加しています。
ポチッっとクリックが元気の源。宜しくお願いします~

             
 人気ブログランキング 食べログ グルメブログランキング

スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

12:11  |  外呑み&ご飯  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://vinmizurin.blog59.fc2.com/tb.php/352-6b427163

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |