07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月


2012.04.22 (Sun)

目から鱗のお店です! “うりずん” @大阪

鰻と言えば、ここ最近は、お家で少し高いけど簡単で美味しく食べれる物として
私の中では定着していました。
それと、サザエさん家が出前でとるのを観てリッチだなぁと思ってた「うな重」が思い浮かぶかな?(笑)

だから、鰻をわざわざお店で食べると言う感覚がしばらくは薄れていました。

でも、若かりし日(大阪でOLやってた独身の時)
帰りに父と待ち合わせてお初天神の鰻屋さんに何度か行った事をふと思い出しました。
あの時の鰻は美味しかったなぁ~

今回は、とっても美味しいと言う評判の鰻専門のお店が有ると言う事で行ってきました。

うりずん

うりずん1


カウンターのみ(7~8席位かな?)の住宅街に有るこじんまりしたお店。

まずはビンビールでかんぱ~い!(たぶん、生ビールは無かった?)

うりずん2

目の前には炭が熾っています
紀州備長炭らしいです。

うりずん3

夜のコースです。

【みぞれ和え】シャキシャキした水菜の上に大根おろしと鰻でサッパリといただきます♪

うりずん4

目の前で大きな壷から取り出された鰻が次々とさばかれていきます!
少々残酷ですが、それはまるで芸術のように鮮やかな手さばきです。

うりずん5

うりずん6

そして、先程の備長炭の上でジュワ~っと焼かれていく鰻ちゃん達!

うりずん7

その間にこちらの物を食べます。
【う巻き、八幡巻】
ほんのり甘いう巻きはふわふわです♪

うりずん8

【肝焼き】
貴重な肝が1皿に3個も入ってるなんて贅沢!しかも美味しい~♪

うりずん9

出てきました出てきました、さっきまで生きてた鰻ちゃん!
塩だけでいただく鰻がこんなにあっさりしていて美味しいなんて驚きです!

【白焼き】

うりずん10

うりずん11

そして、更にどんどん焼かれる鰻ちゃん達!

こちらの大将は限界まで焼くタイミングを知っているから、皮と身の間の脂がすっかり落ちて
だから、あっさりとしていて、いくらでも食べれるそうなんです。

私は鰻を食べると大抵胃がもたれてくるんですが、こちらの鰻ではそれが無かったんです。

うりずん12

【たれ焼き】

うりずん13

【肝吸い】

うりずん14

お隣を覗くと、どど~んと
【うな重】
ごはんにはタレはかかってません。
鰻の味だけでご飯がどんどん食べられるそうです。
かけるタレも付いていますが、あまり必要なく食べられます。

うりずん15

ほんとにこんなに沢山の鰻を一度に食べたのは何十年ぶりなんでしょうか?
1匹だけ食べただけでも胸焼けする時が有るのに、こちらの鰻どんどん食べちゃえるんです!
理由は
1.さっきまで生きていた!
2.備長炭で焼く。
3.大将の鰻をさばくところから焼くところまでの素晴らしい技術。
4.女将さんの愛情

ほんとにこのお店に来る事が出来て幸せでした。
そう言えば、随分前に、この方が「僕の家の近くに凄い鰻屋さんが有るんですけど予約がなかなかで・・・」と
仰ってたのを思いだしました!(近くでいいなぁ~)
今回はラッキーでした。

夜は、予約必須ですよ~

ブログランキングに参加しています。
まずはポチッっとクリックをお願いします
            
 人気ブログランキング




関連ランキング:うなぎ | 新森古市駅



スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

00:10  |  外呑み&ご飯  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

あ~、美味しそう!

こんにちは。

先日諏訪湖畔で鰻を食べましたが、蒸してる鰻はやはり口に合いませんでした。

ちょっと遠いけど、行ってこようかな。

あ、塩麹沢山あるので、ご入り用なら言ってくださいね。
おっちゃん |  2012.04.24(火) 16:23 | URL |  【編集】

おっちゃんさまへ

ここは、少し遠いですが行く価値は有ると思います。
やっぱり、鰻は焼きに限りますね!

塩麹、欲しいのは山々なのですが、作るのにも挑戦しようかと思案中で・・・e-330
ミズリン |  2012.04.28(土) 22:51 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://vinmizurin.blog59.fc2.com/tb.php/609-0549e713

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |