01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月


2012.10.07 (Sun)

長崎でも美味しいねん♪(長崎旅行記1) “吉宗” @長崎市

長崎は父の故郷です。
親戚もたくさん住んでいます。

高齢で、脳梗塞の後遺症も少しある父が、死ぬ前に一度帰ってやり残していた事をしたり、
親戚に会っておきたいということで懇願され、両親に付き添って行ってきました。

長崎には数年前、友達との弾丸ツアーで行きましたが市内には立ち寄らず、
その数年前もハウステンボスへ行く弾丸ツアーで市内は疾風のように通り過ぎただけで、
ゆっくり立ち寄ったのは何十年ぶりかです。

その中で数軒、記録に残しておきたいお店をUPします。

まずは、両親がもう一度食べておきたい茶碗蒸しが有るということでこのお店にやって来ました。

吉宗(よっそう)

1866年(慶応2年)に創業したと言う歴史あるお店です。
初め、「よしむね」と読んでしまいましたが「よっそう」と読むのだそうです

吉宗1

竹で編んだ筍のようなオブジェの見える1階のテーブル席です。

吉宗2

昼間に観光したので喉が渇いてます。
瓶ビールでお疲れさ~ん

吉宗3

つき出しは
【フカの湯引き】フカとは鮫の事です。酢味噌で食べます。
さっぱりしていて美味しいです。

吉宗4

【鯖寿司】父の大好物で、こちらのお店でも名物です。

吉宗5

【茶碗蒸し】
両親はこれが食べたくてこのお店に来ました。
味は普通の茶碗蒸しですが、どんぶり茶碗に入っていてたっぷりって感じです。
関西のよりは少し味が濃いかな?でも、ほんとにふつ~うの茶碗蒸し!
両親は満足そうなのでいいんですけどね(笑)

吉宗7

【蒸し寿司】
これもこちらのお店の歴史ある食べ物。
私は茶碗蒸しよりもこちらの方が珍しくいただけました。
でも、甘い!九州(長崎)って全体に食べ物が甘いんですよね。
出汁が命の関西とはちと違う。
でもまぁ、ご当地グルメですから、これはこれでこちらの味ということですね!

吉宗8

とりあえず、両親は目的の一つは果たせたので満足そうで良かった!(笑)

ついでに、この日の昼間の観光は

『軍艦島上陸&クルーズ』

軍艦島5


これはちょっと感動しましたね。
母は他に用事が有ったので、父と弟と3人で上陸して来ました!

この島、遠くからだとか、暗くなりかけた時はこんな風に軍艦のように見えるので
軍艦島と呼ばれています。

軍艦島1

本当の名前は『端島(はしま)』と言って、元は炭鉱の島。
日本で初めてのコンクリートの建物に人が住んだ町なんです。

軍艦島2

一般の人が上陸できるようになったのはつい最近のことです。

軍艦島3

もう、人が住んでいないのに、じっと見てたらまだ誰か居るような気になってきます。
かつて人が住んでいたところってそんな雰囲気が残る物なんですかねぇ?
先祖に所縁もあるところなのでちょっと不思議な感動を覚えました。
父はできたら私たちにここを見せておきたかったようなので、一満足したようです(笑)

軍艦島4

さて、3泊4日の旅はまだまだ続きます...

ブログランキングに参加しています。
まずはポチッっとクリックをお願いします
            
 人気ブログランキング




関連ランキング:和食(その他) | 観光通駅思案橋駅西浜町駅


スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

23:56  |  旅行  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

久しぶりにお邪魔します

廃墟ってゾワゾワしてしまいます。
無人の「人が住む場所」という不自然具合が何とも…
更に海にポツンとある小島もゾワゾワ来ます。
なんか寄る辺無い感じと言いましょうか…

という事で軍艦島、一粒で二度美味しいスポットってことですね!

筍のオブジェ触ってみたいかも
クマ社員 |  2012.10.10(水) 00:04 | URL |  【編集】

くま社員さんへ

お久し振りです。

廃墟ツアーとか有りますがオカルト的なのには全く興味は無いのですが
ここはちょっと違うような気がする所です。
賑わっていた頃に思いを馳せると、その辺りから人の声が聞こえてきたり
子供が走り出てくるような、そんなタイムスリップするような不思議な感覚になるんです。

でも、カンカン照りで日を遮る物の無いコンクリートの塊の島なので
暑くて暑くて、そんな事を考えるのも一瞬でした(笑)

世界遺産候補地なので、行ってみる価値有りだと思います。
ミズリン |  2012.10.11(木) 00:06 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://vinmizurin.blog59.fc2.com/tb.php/671-5bb9b7b4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |